■愛知県豊田市「日本料理 菜花むら」

店主:中村誠

お吸い物

『日本料理 菜花むら』は日々料理の道を精進しています。
店主:中村誠の作る懐石料理を、
日常を一歩踏み出した時を忘れる空間と接客の心で、もてなしを行ないます。


お客様のうれしそうな顔が見たい、
サプライズを表現する料理人になりたいと、
包丁を握って、30年、やさしい味にこだわり、道を歩んできました。


そんな、菜花むらの料理の一番のこだわりは『出汁』
日本料理では基本的な味の一つです。
だからこそ、素材にこだわり丁寧に丁寧に、つくりあげます。


そして『お吸い物』
日本料理はお吸い物がとても大切、と教わった修行時代。
薄い味ながらもきちんとした味を出すべく、施工錯誤した30余年。
沖縄の塩との運命の出会いから、今では自信を持ってお出ししております。
季節に合わせた器でお出しするのも、一興です。


「きもちにやさしい味」を今日もお届けします。


店主:中村誠

店主:中村誠

中村誠(なかむらまこと)

1973年生まれ、蟹座、A型

高校時代まではサッカーに明け暮れる。国体選手に選ばれたり卒業時にはスカウトもされたがプロの興味はなく、
美しい懐石料理に魅かれ、全く未知のこの世界へ入る。修行先は丹羽郡扶桑町にあった小さな料理店。
この店が本格的な京料理の店であったご縁で京懐石の味を覚える事ができた。
京都で修行できなかったのがコンプレックスであったが、経歴にこだわらずとも、今自分ができることを精一杯すればよい仕事ができると信じ、日々お料理と向き合っています。